忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 16:09 】 |
説得力
結局、
成し遂げた者の話には
説得力がある。

理屈や、いい訳は無力を証明しているようなものだ。

認められると言うのは
評価を第3者から与えられたときだ!

成し遂げた者には
賞賛を形にできる力がある。

PR
【2008/06/26 01:02 】 | Coaching | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
育成コースの体操で…
Bestは今まで出なかったタイムを出す事だ。
 
それには、今まで出来なかった練習をする事だ。

出来ていることを反復していてもそれはBestをだす準備ではない。

小学生低学年を相手に力説してしまった。

でも、
【2008/06/23 23:14 】 | Coaching | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
SIMPLE
分からないから我武者羅にやっている時は結果が良かったのに、
分かりはじめて、考えるようになると結果が伴わなくなる事は指導者にありがちだ。

要は、難しく考えすぎてしまう場合が殆どだと思う。
確かに、水泳のコーチングは複雑だし、相手は十人十色の可能性のある子供達だ。

俺は思う。

難しい問題こそ、SIMPLEに考えるべきだと・・・

俺なんか、
【2008/06/21 23:08 】 | Coaching | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
駆け出しの競泳コーチの皆さんへ…
俺が競泳コーチの駆け出しの頃・・・(未だに駆け出しなんだが・・)

俺は世界一恵まれない環境で選手を育成している!

と思っていた。
それは、一流競泳コーチとはかけ離れた入水数、収入を含めた労働環境の劣悪さ。
情報に飢えていたが、情報さえ入ってこないもどかしさ。

結果を出しているコーチと知り合いになりたかった、
そのコーチの練習を見てみたかったし、
強い選手とも知り合いになりたかった。
強い選手だけを育成しようとだけ思っていた。

俺が競泳コーチとして認められるのは、
著名コーチが知り合いだという事、
著名選手が知り合いだという事、
そして俺は強い選手を指導しているという事。

それがステータスだと思っていた。

それこそが駆け出しからの脱却だと信じていた。
【2008/06/12 23:49 】 | Coaching | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
Menu公開!

Menuを公開しているコーチが増えてきた。

その先駆者・・・Mr.Simacos
ジュニアにはうってつけと見るかどう見るかは感じ方次第!

今や、そのコーチ力は疑う余地のない若手?コーチ・・熟長!
スプリンター気質か否かは感じ方次第!

そして、今ブログでMenu公開しているコーチの中で
一番ゴッチィTrainingを行っているのではないかと思っている浪速のハードコーチ!

俺は、凄く泳がせるコーチだと思われがちですが、常々申しますように、普段は殆ど泳がせません。

ただ、休館日を含む春休み、GW、夏休み、冬休みで練習時間が取れる時には少しだけ泳がせる程度です。

基本的に通常練習2時間で6000~8000m程です。

で、今日の練習!



【2008/06/12 00:27 】 | Coaching | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
さすが・・・
今日のJapan openは凄かったですね。

何がって?何が…です。

その中で、俺と仲良くさせていただいている、「赤鬼」ことW田コーチ教え子、
S玉県のもう一人の☆。(とよの所の☆もW田コーチの☆も俺と同じ大都会越谷に住んでいます)
200Fr2:02.79で5番でした
BESTは2:04.4だったそうです。強いでしょ?

こういってはなんですが、勢いのあるアンちゃんコーチとは訳が違います。
強いの信憑性が練習の裏づけがあるので・・ほぼ間違いありません。

W田コーチは泳ぐ前から3秒台、嵌めれば2秒後半だろ。

と・・・TIMEが読めるコーチをしてコーチと呼びますよね。
何秒がでたらいいなぁ・・なんて言うコーチは・・
どうなんでしょう?結果が出てから「ほらね!」って言うんでしょうね。

と、いうことで鮫君ですが・・
【2008/06/06 21:42 】 | Coaching | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
終電の後で・・・
実は2時かいの最後まで付き合った方はそんなに多くないというか・・
講師・主催者・それとUtake一家の若い衆とぬをぉ~~~~~~~~~!でした。

ウラナミに掲載されている・・

・右脳左脳の仕組みや人間の進化過程が水中競技にどう影響するか。
・人間の発育発達の特徴から年少期はどうあるべきか。
・IMの位置づけ。どう泳ぐか、自分のチームではどういう捉え方なのか。
・ハードコーチの定義(自分で呼ばない理由)。
・無名チームを見に来たヘッドコーチの理由は?
・水着問題について
・シマコスグッズは遊びか、本気か(笑)。
・馬刺しのタレが無い理由。

以外にも・・って馬刺しのタレが無い理由???目の付け所がシマコスやなぁ・・

・主催者と男前コーチのIMにおける主眼の違い

 実はIM談義を含めて他人の前ではお互いの手法についてのやり取りは普段行わない。二人でいる時はする。それは、お互いが違うタイプのコーチでありながらお互いを認め合っているという不思議な関係なので、ぶつかり合うのを覚悟で指導論を語り合う。というか意見をぶつけ合う。っていうのを他の分かり合えていないコーチには見られたくないんだよね。(ってオレが思っているだけかもしれないけど・・・)
それを今回は特別終電の後に…披露しちゃったね

・講師とのヒソヒソ話

 この講師も主催者同様タイプが違うのかもしれない。なんせファーストステージがスプリンターやからね。
もちろん、主催者とも違うんだよなぁ・・難しい話はいずれ気が向いたら・・
講師とのヒソヒソ話・・終電の後に数分二人だけの甘い時間があって
新しく担当を受け持った時(移籍を含めて)の選手のリセットについて俺のTechniqueを聞いていただいた。
どうでしょう?講師??
その選手の持っているIdentityを崩壊させることから創めようとしているオレのやり方(Technique)は?

そして、終電の後には始発がやってくる。

そこからは・・こんな話を・・・
【2008/05/28 00:56 】 | Coaching | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
喜怒哀楽
朝っぱらからスイッチをONにさせていただいたお陰で、今日の練習はハイテンションだった。

元来、俺はを表に出すタイプのコーチだ

故に、レースでは同じかそれ以上に感情を表現したい!

ところが先日、とある競泳コーチ仲間達にも言ったが…

そのSpiritが希薄しているのではないかと思う時があると告白した。

今日は朝っぱらから頭には来たが、お陰で久し振りに俺らしさが出たような気がする。

【2008/04/27 22:35 】 | Coaching | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
Swim Trad

コーチ仲間に見せたセームすら忘れている俺が、過去の記事を覚えていようもないわけで・・・
(前略おふくろ様 風でいいなぁ・・我ながら ショーケン似だからなぁ俺って エッ 知らない )

運動におけるScience部門は日々進化(変化)してますね。それは、新しいecologyが生まれているのでなくて、「記録」という新たな現実がその部門を強化しているんですよね。少なくても俺はそう思っています。
でも「記録」や「泳ぎ」をたどっていくとタイムスリップしたかのように・・メビウスの輪のようにと表現したほうが良いですかね?Scienceで解明できるといっても後付けには限界がある。

エッ?前にも同じような記事を書いてる?

ハッ?酔っ払っているのかって?

まぁ、良いじゃないの

俺の云いたいSwim tradは・・

【2008/04/04 23:49 】 | Coaching | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
情報収集


上は、100の47.50下は50の21.50です。サリバンもやられちゃいましたね
このレースにはニーストランドも出場しています。フランスっていうか、ヨーロッパもあなどれませんね。
ヨーロッパ選手権のリザルトは・・
http://www.omegatiming.com/swimming/racearchives/2008/eindhoven2008/index.htm

Australiaでは・・
【2008/03/25 00:14 】 | Coaching | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]