忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/19 06:14 】 |
マグカップ
我が家の食器棚には数多くのマグカップがある。
我が家で揃えたモノもあれば、お祝い返しやプレゼントでもらったモノも豊富だ。

俺は、食器棚の奥のカップを使用する。
同居している、Eみこさん(奥様)やFみこさん(母上)からは、手前のモノから使えばいいじゃない!とお叱りを頂戴する。酔っ払っているときなどは手前のカップを落として破損してしまうことがあるからだろう。
「ごめん、ごめん、ついクセで・・」などと、M田くんの担当コーチの名前まで借りて弁護してしまいながら頭をかく・・・

本当は、癖でもなんでもない。意図的にそうしている。
それは、マグカップに本来あるべき姿でいて欲しいからだ。マグカップは飲み物を注がれる為に作られた。勿論、観賞用の高価なものもあるかもしれないが、我家には存在しない。つまり、我家の食器棚の奥に置かれているカップは出番を心待ちにしていると信じて疑わない。
喋れないマグカップなら機会の平等は使用する我々が与えなければいけない。もしかすると、物凄く飲み口の良いカップに巡り合うかもしれないし・・・

エッ?! なんでこのテーマがCoachingなのか?

賢明な皆さんならお分かりでしょう・・・

食器棚が選手で、カップが可能性と置き換えてみてください。

目に見えているものばかりの良し悪しや、いつまでも同じ視点で見ている分別では、どんなに手段を変えてみても評価は同じになりかねません。

この記事は自分に対する挑戦であり、警告です。

20才を越えた女子選手が世界記録を当たり前のように出せる時代がきている事実を前に、今までの自分に渇を入れ、食器棚の奥にあるカップを使用するに留まらず、磨かなくてはならないのです。
PR
【2008/03/06 00:43 】 | Coaching | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<酔っ払い仮面 | ホーム | 独楽>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]