忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 13:41 】 |
シンクロ壮行会

AAMでは、シンクロも行っています。今日はシンクロの国体壮行会でした。
写真は今回の国体代表選手。D橋さん。高校の友人も応援に来てくれて大騒ぎでした。


ところで、今や日本シンクロのエースとなった鈴木E美子も中学まではAAMのシンクロコースにおりました。
彼女が中2だったと思いますが、当時のコーチから競泳がOFFの9月だけシンクロコースの「泳ぎ」の強化をお願いされました。もちろん、同じチームですので快諾しました。
本人に聞いてもわかると思いますし、当時のチームメイトやコーチに聞いてもわかるはずですが、俺はE美子には厳しかったです。だって、能力があるのに頑張らないんだもんなぁ・・

彼女の口癖は「なんで、私だけ・・・!」
OFFが明けて、水泳練習が終了した時の彼女は誰しもが「泳ぎ」のレベルは向上していることは認めていました。ただ、本人はそれよりU竹の練習から逃れられることが嬉しかったようで・・でも、未だに俺と会うと直立不動になりますし、挨拶も欠かしませんよ。

でも、俺がAAMのシンクロコースで心に残っているのはE美子ではありません。

俺がAAMに移籍した頃は、競泳よりもシンクロが圧倒的に力も実績もありました。(今もかな?)
当時のAAMシンクロ関係者にとっては、「よそ者」の俺や、俺についてきた「強い選手」はウザったい存在だったようです。
俺も、シンクロの魅力が当時は分からなかったので、シンクロの選手に聞いたことがあります。
「なんで、シンクロをやってるの?」と。あくまで当時の話ですが、ほとんどの選手は
「だって、競泳は苦しいだけでつまらない!シンクロは苦しまなくてもJOに行けるからシンクロが良いんです。」
おおまか、そんな内容でした。ガックリきましたね。その中で、
「競泳も好きですけど、私はシンクロがもっと好きなんです!」と答えてくれた選手がいました。
その子は、当時中学生のAAMシンクロのエース。強かった俺の選手(競泳)の活躍も喜んでくれていました。
その選手は、O川眞佐代さん!

知っていますか?井Mさんの後継者としてナショナルチームのヘッドコーチを任されている方です。高校3年までAAMシンクロのエースだったんです。すっごく自慢( ^)o(^ )です。
まさよが、ヘッドコーチでえみこがエースのシンクロナショナルチーム。そりゃぁ、応援してますよ!

PR
【2006/09/24 23:51 】 | Swimming | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<週末のお楽しみ | ホーム | 忍者ブログに惹かれた理由>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]